Twitterアカウント削除しても再開できるの?消したアカウントを復活させる方法

Twitterアカウント削除しても再開できるの?消したアカウントを復活させる方法

Twitterはアカウントを削除することが出来ますが、ふとしたときにまたTwitterを始めたくなる方も多いようです。

そこで今回は

「Twitterのアカウントを復活させたい!」

「どうやって復活させるの?」

こういった疑問をお持ちの方に向けて、Twitterのアカウントを復活させる方法を紹介していきます。

一定期間を超えてしまうと復活できなくなってしまうので、今すぐこの方法を試してみてください!

目次

削除したTwitterアカウントを復活させる方法

では早速アカウントを復活させる方法について解説していきます。

ざっくしりとした手順は以下の通りです。

  1. Twitterにアクセスし、ログイン画面を開く
  2. 復活させたいアカウントのメールアドレスかユーザー名を入力する
  3. パスワードを入力してログインする
  4. 「復活させる」をタップ

特に問題が無ければこれでアカウントを復活させることが出来ます。ただしアカウントの復活は削除から30日以上たっていると出来ませんので、復活したいのであれば出来るだけ早く行いましょう。

ここからは画像付きでも詳しく解説していきます。パソコンでもスマホでも手順は変わりません。

まずはTwitterにアクセスしましょう。アカウントを削除しているので、アカウント作成画面が表示されます。

既にアカウントは削除されていますが、下の「アカウントをお持ちの方はログインをしてください」からログイン画面にうつります。

Twitterに登録していたメールアドレスか、ユーザー名を入力して削除前に利用してたパスワードを入力してください。

 

特に問題が無ければこのまま復活の画面にうつります。

「復活する」をタップしてアカウントの復活完了です。

 

無効と表示されてエラーになったら

まれにTwitter側の問題で、復活が無効になり、エラーが発生することがあります。

この場合は、ある程度時間をおいてから再度復活を行いましょう。

基本的に1日経てばエラーは解消されます。

フォロー数とフォロワー数がおかしい時は

アカウントを復活させた直後はフォロー数とフォロワー数がおかしいことがあります。

こちらもTwitter側の問題で、ある程度時間をおくと正常に戻ります。

同じように1日経てば基本的には解消されるので、特に気にすることはありません。

もしいつまでたっても問題が解消されない場合はTwitterサポートに問い合わせをしましょう

復活させたいアカウントのパスワードを忘れてしまった時は

復活させたいアカウントのパスワードを忘れてしまったら、こちらのページからTwitterサポートに連絡しましょう。

必ず復活できるとは限りませんが、アカウントを復活させてからパスワードリセットを行うことが出来る場合があります。

Twitterのサポートを受けるまでに時間がかかる場合があるので、削除から30日を超えないように出来るだけ早く連絡することをおすすめします。

アカウント削除にまつわる豆知識

Twitterのアカウント削除は少しややこしく、様々な勘違いが生まれやすいです。

そこで、アカウント削除をしてしまった皆さんに向けて、アカウント削除に関する豆知識を少し紹介していきます。

アンインストールではアカウントは削除にならない

Twitterをアプリでしか利用したことが無い方には意外に思うかもしれませんが、アプリをアンインストールしただけでは、アカウントは削除にはなりません。

再度インストールして、ログインするだけで、アカウントは今まで通り使えますし、30日以上経過していようと関係ありません。

そのためアンインストールしたところで、他のアカウントから見ても特に変化はありません。

DMは残る

アカウントは削除しても、DMの内容は残ります。

そのため、送ったDMを取り消すために、アカウントを削除させても意味はありませんので注意しましましょう。

また送ったDMはどうやっても取り消すことはできませんので、DMを送る際は誤爆など無いように気を付けてください。

削除中はフォロワーのフォロー数が1減る

Twitterのアカウントを削除すると、フォロワーはフォロー数が1減ります。

特に通知があるわけでは無いので、削除したことに気づかれることは少ないですが、削除したアカウントのページは無くなっているので、人によってはすぐに気づかれる事もあります。

そのため、人知れずTwitterのアカウントを消して、また復活させるのは難しいということは覚えておきましょう。

もし人知れずTwitterを辞めたいのであれば、アカウントの削除は行わずに、アプリをアンインストールするだけにしておきましょう。

この方法であれば、いつでもアカウントを再開することが出来ます。

アカウント復活に関するQ&A

ここからはアカウント復活に関するQ&Aを紹介していきます。

既に復活できた方も、今後のためにも是非とも覚えておいてもらえればと思います。

30日以上前に削除したアカウントは復活できない?

残念ながら、30日以上前に削除したアカウントはどうやっても復活することはできません。

自分で復活させることはもちろん、サポートに問い合わせたところで、Twitterのほうでもデータが完全に消去されているので、復活はできないです。

新しくTwitterのアカウントを作り直すことになりますので、復活をするならば出来るだけ早く行うようにしましょう。

またもし今後またTwitterのアカウントを削除することになったら、事前にTwitterデータからアーカイブのダウンロードを行っておくことをおすすめします。

アーカイブのダウンロードを行えば、今までのツイートや、動画や画像のデータなど、自分のアカウントに関する情報をすべて保存することが出来ます。

そのためアカウントが完全に削除されても、今までのTwitterのデータを保存しておけるので安心です。

乗っ取られて削除された場合でも復活できる?

乗っ取られて削除された場合でも、30日以内であれば復活可能です。

こちらのページから「アカウントが乗っ取られた場合」を選び、以前のアカウント名、メールアドレスを入力して乗っ取られて削除されたことを報告して、Twitterからの連絡を待ちましょう。

スマホだと復活できない?

Twitterの公式ヘルプだと「アカウントの復活はパソコンからのみ可能で、スマホからの復活は不可能」と書かれていますが、実際にはスマホからの復活も可能です。

スマホから復活したからといって特に不具合は無いので、安心してアカウントを復活させましょう。

アカウントを復活させて再度Twitterを楽しもう!

今回は削除したTwitterのアカウントを復活させる方法について紹介していきました。

Twitterを利用するのに疲れてしまって、アカウントを削除する人は非常に多いですが、また利用したくなって復活させる人も多いです。

削除してから30日以内であれば復活できるので問題ありませんが、30日以上たってしまうと削除したTwitterアカウントのデータはほぼすべて無くなってしまいます。

今後また削除したくなったら、事前にTwitterデータからアーカイブを残すなどしておき、後悔の無いようにしておく事をおすすめします!

この記事でアカウント復活の手助けになれたのであれば幸いです。では再度Twitterを楽しんでください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる