インスタのパスワードを忘れた時の変更方法と再設定リセットの手順について

普段インスタをアプリなどで利用していると、ログアウトをしない限りパスワードを入力する必要が無いため、ついついパスワードを忘れてしまいますよね。

機種変更のタイミングやブラウザでインスタを見る時、さらには間違えてログアウトしてしまった時などにパスワードが分からないと、ログインできなくなってしまいます。

パスワード変更をしたい時にも必要になりますが、忘れてしまった場合はメールアドレスや携帯番号が分かれば変更することができます

この記事では、インスタのパスワードを忘れてしまった時のパスワード変更方法についてご紹介します!

目次

インスタのログインパスワードを忘れた時の変更方法!リセットや再設定の手順についても

インスタではパスワードを忘れてしまった場合、アカウントに登録されているメールアドレスや携帯番号、同期しているFacebookアカウントを通して簡単にパスワードをリセットできます。

操作自体はとっても簡単なので、画像と一緒に紹介していきます。

STEP
インスタのログイン画面を開く

インスタのアプリまたはブラウザでログイン画面を表示し、パスワード入力欄右下の「パスワードを忘れた場合」をタップします。

STEP
ユーザーネーム、メールアドレス、電話番号のいずれかを入力

次に表示された画面の「ユーザーネームまたはメールアドレス」の欄に登録しているメールアドレスもしくはユーザーネームを入力して、「次へ」をタップします。

  • メールアドレスではなく、携帯番号で登録している方はユーザーネームの横の「電話番号」をタップして入力欄に携帯番号を入力してください。
STEP
登録情報にパスワード再設定のリンクを送信する

表示されたアカウントがパスワードを変更したいアカウントで間違いなければ、「メールを送信」にチェックをし、「ログインリンクを送信」をタップします。

STEP
メールから[パスワードをリセット]をタップ

選択した送信先に届いたメールの「パスワードをリセット」をタップします。

STEP
新しいパスワードを設定する

新しいパスワードと確認用のパスワードを入力して、「パスワードをリセット」をタップしてパスワードの再設定は完了です!

これでパスワードのリセットと再設定が完了です。

インスタのログインパスワードを忘れたから確認する方法!なんとかしてパスワード見れる?

残念ながらインスタでパスワードを確認する方法はありません

たとえログイン中でも、パスワードの変更には現在のパスワードを入力する必要があるため、パスワードを忘れてしまったら再設定をしなくてはなりません。

でもパスワードの再設定自体はとても簡単なので、ぜひ上記でご紹介した手順で再設定してみてくださいね。

インスタのログインパスワードは何桁にすればいい?最低何桁でOK?

インスタのパスワードは最低6桁必要です。最高桁数の記載はなく、6桁以上であれば何桁でも問題なく登録できます。セキュリティを考えると10桁以上であれば安心です。

インスタでは、セキュリティ対策のために半角英数字だけでなく、「!,$,@,%」などの特殊文字を混ぜたパスワードが推奨されていますが必須ではありません。実際に先ほどの手順でパスワードを再設定する際、「abcdef」と入力してみましたが、特にエラーなどは出ませんでした。

英字の大文字と小文字の使い分けに対する言及はありませんが、区別はされています。

入力時に大文字特殊文字も組み合わせることで、セキュリティ強度の高いパスワードを作ることができますよ!

インスタのアカウントが乗っ取り被害に遭う?不正ログインされないおすすめのパスワードの付け方

第三者から自身のアカウントを守るためのパスワードですが、単純なパスワードでは簡単にアカウントを乗っ取られてしまう可能性があります。それだけでなく、フォロワー限定の投稿や友人を含めた個人情報の流出にも繋がってしまう為、パスワードの設定には特に注意が必要です。

文字数が少ないパスワードや、単純すぎたり、英単語や個人情報を使用しているパスワードは簡単にセキュリティを突破できてしまいます。さらに、他のSNSやサービスと同じパスワードを使う事もリスクが高いので避けましょう

ですが、リスクの低いパスワードは複雑すぎて覚えらないと思う方も多いのではないでしょうか?実は、自分では覚えやすく、他人には推測されにくいパスワードは簡単に作る事ができます!

ポイントは以下の5つです。

パスワードを考える時のポイント
  • 英数字、大文字、小文字、特殊記号を混ぜる
  • 日本語でパスワードを作る
  • 文章の頭文字を利用する
  • 使いまわしには一定のルールを付ける
  • 文字制限が無いのであれば10文字以上で設定する

例えばパスワードを作る時、「実家のペットは猫で、名前はタマときなこです」と「猫の頭数」をヒントに「jpnntk2」というパスワードを作ります。これをさらに「jpn@ntMknK2」やインスタ用に「IGjpn@ntMknK2」などとすると自分では覚えやすく他人には推測しにくいパスワードが簡単に完成します。

ぜひこれらのポイントを参考に自分だけのパスワードを作ってみてくださいね!

自分でパスワードを作るとどうしても単純になってしまう方や、セキュリティ強度が強いランダムなパスワードを作りたい方は以下のようなパスワード生成ツールサイトもおすすめです。

こちらのサイトは、2~40文字のパスワードを無料で最大1,000個作成することができます。記号や英数字、文字数だけでなく、セキュリティ強度も選択することができるため、興味があれば、ぜひ試してみてください!

この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次