インスタでプロフィールに固定(ピン留め)・解除する方法!できない時の対処法も

インスタのプロフィール固定(ピン留め)とは、2022年の新機能です。

インスタでもTwitterなどと同じように、特定のフィード投稿やリールをプロフィールに固定できるようになりました。

今回は、インスタでプロフィールに固定したらどうなるのか、固定・解除する基本的な方法をまとめてみました。

目次

インスタでプロフィールに固定するとどうなる?

インスタでプロフィールに固定するとどうなるのかというと、最新投稿の前に固定した投稿が表示され、固定した投稿にピンマークがつきます。

これは他人から見た場合も同じです。

プロフィールに固定(ピン留め)しても通知なし

プロフィールに固定しても、誰かに通知されたりすることはないので、安心して固定したり解除したりしてみましょう。

最大3個まで固定できる

インスタでプロフィールに固定できる投稿数は、最大3つまでとなっています。

固定した順に投稿が並ぶ仕組みになっています。

インスタで投稿をプロフィールに固定する方法

インスタで特定の投稿をプロフィールに固定する方法は以下のとおりです。

  1. 固定したい投稿の右上(…)メニューを開く
  2. [プロフィールに固定]をタップ
  3. 自分のプロフィールで確認してピンがついていたらOK

以下画像付きで解説します。

STEP
固定したい投稿の右上(…)メニューを開く
STEP
[プロフィールに固定]をタップ
STEP
自分のプロフィールで確認してピンがついていたらOK
相手から見たプロフィール

「プロフィールに固定」がない・できない場合

インスタで「プロフィールに固定」が表示されずできない人は、アプリのバージョンを更新しましょう。

2022年の比較的新しい機能なので、お使いのバージョンでは反映されていない可能性があります。

インスタのプロフィールに固定を解除する方法

インスタでプロフィールに固定した投稿を解除する方法は以下のとおりです。

  1. 自分のプロフィールから固定している投稿の右上(…)メニューを開く
  2. [プロフィールから固定解除]をタップ
  3. 自分のプロフィールで確認してピンが外れていたらOK

以下画像付きで解説します。

STEP
自分のプロフィールから固定している投稿の右上(…)メニューを開く
STEP
[プロフィールから固定解除]をタップ
STEP
自分のプロフィールで確認してピンが外れていたらOK
相手から見たプロフィール

【注意】プロフィールから固定解除する時は、投稿を消さないように

インスタのプロフィールに固定した投稿を解除する際に、間違って[削除]ボタンを押してしまうとその投稿自体が消えてしまいます。

プロフィールから固定解除する時は、ボタンの押し間違いに注意してください。

インスタで間違って投稿を削除しちゃった場合の復元方法

インスタで間違って投稿を削除してしまった場合は、30日以内であれば完全に復元することができます

復元するにはインスタアプリから以下の手順で操作してください。

STEP
自分のプロフィール画面右上の3本線メニューを開く
STEP
[アクティビティ]を開く
STEP
[最近削除済み]をタップ
STEP
復元したい投稿をタップで選択
STEP
右上の(…)メニューから[復元する]をタップ
STEP
もう一度[復元する]をタップ
STEP
本人確認が表示されるので[次へ]をタップ
STEP
登録メールアドレス届いたセキュリティコードを入力して[認証]をタップ

登録メールアドレスにインスタからメールが来るので確認してください。

届いたメールに書いてあるセキュリティコードを入力して認証します。

STEP
アプリを一度再起動する

復元が反映されない可能性があるので、一度インスタアプリを終了して、再度開いてみてください。

STEP
プロフィール画面を表示して復元できていたらOK
この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

    • コメントありがとうございます!
      インスタの「プロフィールに固定」機能が出てこない場合は、以下の方法をお試しください。

      ■一度アプリを最新バージョンにアップデートしてみてください。
      Google PlayやApp Storeで「インスタ」と検索して更新できます。

      ↓解決しない場合

      ■インスタアプリのキャッシュを削除してください。
      ・アプリ版インスタの場合:アプリをアンインストールして再インストールする(ログイン情報必要)
      ・ブラウザ版インスタの場合:ブラウザのキャッシュを削除する(safariなら設定→アプリ一覧でsafari選択→Webサイトデータを削除)

      ↓解決しない場合

      ■端末が古いかアプリの不具合で反映されていない可能性があります。

コメントする

目次