LINEブロックを解除する占い師とは..?[詳細ページへ]

Twitterサークルと鍵垢(非公開アカウント)の違いは?使い分け方も

ひよこ

Twitterサークルがあれば、鍵垢いらなくない?

2022年、Twitterサークルが全ユーザーが使えるようになってからこういった意見が多くみられましたね。

Twitterサークルと鍵垢の大きな違いは、Twitterサークルは150人という人数制限があるという点でしょう。

この記事では、Twitterサークルと鍵垢の違いや、おすすめの使い分け方、鍵垢の人がTwitterサークルを利用したらどうなるのかについて紹介しますので、参考にしてみてください。

目次

Twitterサークルと鍵垢の違い

Twitterサークルとは、2022年8月末から全Twitterユーザーに提供開始した新機能です。

フォローに関係なく特定のユーザーをサークルメンバーに追加することで、そのメンバーだけにツイートを公開することができます。

一方で鍵垢とは、Twitterの非公開アカウントのことです。

鍵垢はフォローを許可した人にのみツイートを公開することができます。

では、Twitterサークルと鍵垢にはどんな違いがあるのでしょうか?

大きく分けて3つの違いがあります。

Twiterサークルと鍵垢の違い

人数制限があるか

Twitterサークルに追加できるアカウントの上限は150人です。

Twitterサークルが鍵垢代わりになる!と思ってアカウントを追加していっても、150人以上フォロワーがいる人は途中で人数制限にぶち当たります。

一方鍵垢では、フォロワー数に制限はないため、何人でもOKです。

投稿ごとに公開範囲を変更できるか

Twitterサークルでは投稿ごとに「公開(全体に公開、すべてのフォロワー)」もしくは「Twitterサークル宛」にツイートするかといった、公開範囲を選ぶことができます。

あるツイートは全体公開にして、あるツイートはサークルメンバーの仲のいい人だけに公開しようというようなことが、1アカウントで完結するので便利ですよね。

またサークルは1つしか作れませんが、メンバーは後から追加したり削除することができます。

一方鍵垢では、全てのツイートがフォロワーのみに公開され、ツイートごとに公開範囲を変更するような設定がありません。

この人に公開したくないな…と思ったら、その相手をブロック(もしくはブロ解)するしかありません。

メンバーの抜け方・外し方

Twitterサークルではメンバーの追加も抜けも全てツイート主が管理するため、メンバー自主的に参加したり抜けることができません

Twitterサークルに入ったけどサークルツイートがちょっと鬱陶しくなったなぁ…

こういった場合は、基本的にツイート主に直接「抜けたい」「外してほしい」と伝えることになります。

一方鍵垢の場合は、ツイートが鬱陶しくなったり必要なくなったらフォローを外せばいいだけです。それだけでタイムラインがスッキリ快適になります。

鍵垢の人がTwitterサークルを作成したらどうなる?

Twitterサークルは鍵垢の人でも誰でも作成することができます

また、フォローフォロワー関係でないアカウントもメンバーに追加することができます。

では、鍵垢の人がTwitterサークルを作成したらどうなるのか、確認しておきましょう。

フォロワーの中でもさらに特定の人にツイートを公開できる

鍵垢の人がTwitterサークルを作成すると、フォロワーの中でもさらに特定の人に絞って公開することができます。

例えば鍵垢のフォロワーが300人いたとして、そのうちの150人までを選んでツイートを公開することが可能です。

しかし、Twitterサークルは公開アカウントであってもメンバー外に公開されることはないので、同じことが言えます。

フォロー許可していない人をサークルに入れてもツイートは見られない

Twitterサークルで鍵垢の人がフォロー許可していない相手をメンバーに追加したら、相手にツイートが公開されるのか?気になるところですよね。

結論は、公開されません。

Twitterサークルにフォロー許可していない人を追加しても鍵垢の効力が勝つので、その相手にサークル宛ツイートが公開されて見られることはありません。

Twitterサークル 鍵垢

Twitterサークルと鍵垢 おすすめの使い分け方

ここまでTwitterサークルと鍵垢の違いを紹介してきました。

で、結局どう使うのがいいのか?ですよね。

まず、Twitterサークルの大きな弱点として、150人しか追加できない仕様になっています。(2022年10月現在)

そのため、あなたがツイートを限定公開したい人数が150人以上かどうかで、使い分け方を決めるとよいでしょう。

またTwitterサークルは1つしか作成できないので、分けたいコミュニティが2つ以上ある人は鍵垢に限らず別垢を作成する必要がありますね。

ツイートを限定公開したい人数が150人以内なら鍵垢不要

ツイートを限定公開したい人数が150人以内の場合は、鍵垢を廃止してもよいでしょう。

Twitterサークルを使えば本垢1本で

  • 基本の全体公開ツイート
  • サークルメンバー(150人以内)に公開するツイート

を分けることができます。

ツイートを限定公開したい人数が150人以上なら、鍵垢(裏垢)も必要

ツイートを限定公開したい人数が150人以上の場合は、鍵垢が必要でしょう。

例えば、

  • 通常のアカウント(ネット繋がり全般)
  • 裏の鍵アカウント(知り合いのみ150人以上)

のような分け方をしてもいいですし、それぞれのアカウント内でTwitterサークルを作成して併用してもいいですね!

TwitterサークルやTwitterコミュニティなど、ちょっとややこしくなってきたと感じる人もいると思いますが、自分に合った方法を見つけて有効活用してみてください。

Twitterサークルに関してはこちらも♪

カレにLINEブロックされて悩んでいるあなたへ

この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次