Twitterの時間表示が英語で見づらい!なぜ変わった?戻す方法はないのか?

この件は2021年11月22日のアップデートで既に日本語にもどっています

先日のTwitterアップデート(iOS)後から、ツイートの時間表示が「s・m・h・d」と英語表記になったようですね。

これまで長く日本語表記の「秒・分・時間・日」に慣れたユーザーからすると、1s、1m…、とにかく見づらい!

ハナコ

ナ、ナゼカエタ…

目次

とりあえず「s・m・h・d」の意味を確認しよう

英語表記日本語表記
s秒前second
m分前minute
h時間前hour
d日前day

Twitterの時間表示が英語になったのはなぜ?

Twitterの時間表示が英語になった理由は、アプリの仕様変更なのか、一時的なバグなのか、テスト導入で様子を見ているのか、はっきりしたことはわかっていません。

現段階ではiOSのTwitterアプリユーザーのみ、タイムライン上での時間表示が英語に変わっているようです。(2021.11.21)

Androidアプリユーザーやブラウザ版Twitterでは、これまで通り「1秒前」などの日本語表示になっています。

よりシンプルに見やすい画面にしたいと思って、簡易な英語表示にしたのでしょうか…?

もしかしたら人によっては見やすいのかもしれませんが、多くの長年Twitterを見てきたユーザーからすると、見づらい!という意見が多いように感じます。

Twitterの時間表示を日本語に戻す方法はないのか?

Twitterの時間表示を日本語に戻す方法は今のところありません

今後のアップデートでTwitterがどう変更してくるのかを待つしかありません。

ハナコ

端末自体の言語を日本語にしてもダメだった…

もしこのまま表示時間の英語がなおらないのであれば、ユーザーは頭の中で変換し、慣れなければいけないという大変ストレスな状況になるので、せめてカスタマイズできる設定を作ってほしいですね…

Twitterの対応を待ちましょう。

Twitterの表示言語全体の設定変更はこちら↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる