Twitterのトスツイ(@tos)はアカウント通知やリプライで見える?タイムラインに表示される場合まとめ

トスツイ(tosツイ)はタイムラインに表示させないことを目的に使うツイート方法ですが、失敗してタイムラインに表示されてしまうという話もよくあります。

今回はトスツイの失敗例や、タイムラインに表示されてしまう場合について解説します。

目次

トスツイとは?タイムラインに表示されないツイート

トスツイとは頭に「@tos」をつけることで、フォロワー達のタイムラインに表示されないようにするツイート方法です。

「@tos」とはTwitterが所有しているIDで一般ユーザーは使えないので、これをつけたリプライツイートはタイムラインに表示されないという仕組みになっています。

実は「@tos」がよく使われているだけで、他にも使用できない@Twitterユーザー名であればトスツイと同じ要領で表示されないようにできます。

追記

2022年8月現在、@tosというTwitterアカウントが復活しているため、このユーザーIDでトスツイをすることはできません。

代わりに「@privacy」や「 @help」を使いましょう!

トスツイできるID一覧

「@tos」は知名度もあり多くの人が使っているので、ぶっちゃけ検索ですぐ見つかります

以下のマイナーな@Twitterユーザー名を使えば、見つかる可能性も低くなるでしょう。

トスツイできるマイナーID

@home@sent、@jobs、@help、@http、@lists、@following、@search、@about、@goodies、@privacy、@followers、@favorites、@replies、@inbox

ただしIDは復活してトスツイできなくなる場合があるので、使う前にそのIDのアカウントで検索して存在しないことを確認してください!

上記ツイートで下線もしくは青いリンクになっているIDは存在します。存在するIDではトスツイできません。

トスツイの類義語

  • 壁打ち
  • マシュマロ
  • マロトス

トスツイはこのような言い方をする場合もあるようです。

トスツイは他の人が見れる?

トスツイはタイムラインに表示されないだけであって、非公開のツイートではないので他の人も見ることができます

トスツイの見方は、Twitter検索で「@tos」と検索するか、相手のプロフィールの「ツイートと返信」を開くと見れます。

相手から見ると「ツイート」には表示されず「ツイートと返信」にだけ表示される

トスツイなぜやるの?

トスツイする理由として、ツイートの共有範囲を狭くしたい、自分に興味を持ってくれる人だけに見て欲しい、自分用としてこっそりツイートしたいなどの意図があります。

また、日本人ならではの「気遣い」の文化が関係しているのではないでしょうか?

関係のない人にとってはタイムラインを散らかすだけの邪魔なツイートかもしれない…という気持ちから、「詳細はトスツイにて!」みたいな使い方をしている人も見かけます。

ちなみに2022年には、「Twitterサークル」というツイートの共有範囲を狭めるツイート方法が一部のユーザーで開始しています。また「Twitterコミュニティ」という別タイムラインのような場所にツイートできる機能も開始しています。

トスツイはアカウント通知オンでも通知なし

アカウント通知をオンにしている場合、そのアカウントがトスツイしても通知は来ません

アカウント通知とは、特定のアカウントがツイートしたり、スペースを始めたりすることを知らせてくれるものです。

通知を受け取りたいアカウントのプロフィール画面にある「ベルマーク」を押すだけで設定できますよ。

しかし、トスツイ(@tos)の場合はアカウント通知を設定していても、通知はこないので注意。

トスツイが見えてしまう、タイムラインに表示されてしまう場合まとめ

トスツイは当たり前ですが失敗すると、タイムラインに表示されてしまいます

しかもトスツイ失敗したんだな…というのもわかってしまい二重で恥ずかしいかも…

ハナコ

トスツイしたつもりが、見えちゃってる?!トスツイできているか心配

では、どういう時にトスツイが失敗して表示されてしまうのかを確認しておきましょう。

正しいトスツイ方法を確認しよう(失敗例も紹介)

STEP
ツイート画面を開く
STEP
一番最初に「@tos」と入力する(注意:@tosは復活中なので別のIDを使ってください)
  • 「@」と「tos」の間にスキマを開けない
↑トスツイ失敗例
  • 「@tos」を後からつけない
↑トスツイ失敗例
  • 「@」は全角でも半角でも良い
  • 「tos」は大文字でも小文字でも大丈夫
STEP
「@tos」の後にスペースまたは改行を入れてからツイート内容を書く
  • 英語でツイート内容を書く場合は、続けて書くとトスツイのIDと区別がつかなくなってしまう
↑トスツイ失敗例
  • 日本語の場合は勝手に区別してくれるので、スペースや改行がなくても大丈夫。
  • スペースを開けるか改行するのが安心
STEP
正しく入力できたらツイートして完了

可能であれば友達のフォロワーさんとかに確認してもらいましょう。

トスツイはリプライされると見える!リプツリーに注意

トスツイがリプライされてしまうと、第三者のタイムラインで普通に表示されてしまいます。

  • リプライされたらタイムラインに表示される
  • 「@tos」をつけてリプライされても意味なし

トスツイはリツイートされると見える!

トスツイがリツイートされてしまうと、第三者のタイムラインで普通に表示されてしまいます。

  • リツイートされたらタイムラインに表示される

リツイートさせたくない場合は、こちらの記事も参考にしてください。

「@tos」をつけた引用リツイートなら見えない

唯一、「@tos」をつけた引用ツイートであれば、第三者のタイムラインに表示されません。

この場合、ヨシオも「@tos」をつけて引用ツイートしているので、ハナコのツイートがタイムラインに表示されてしまうことはありません。

トスツイがどのくらい見られたか確認する方法!

トスツイがどのくらい見られたかは、ツイートアクティビティの「インプレッション」を見ればわかります。

STEP
確認したいツイートを表示して「ツイートアクティビティを表示」をタップ
STEP
「インプレッション」を確認する

トスツイをリプライするのは迷惑?

トスツイに対してリプライ(返信)してしまうと、フォロワーのタイムラインに表示されてしまうので迷惑になる可能性があります

ハナコ

トスツイを知らずにリプライ(返信)してしまった場合は、自分のリプライを削除すれば大丈夫!

またトスツイのリツイートもリプライ同様に表示されてしまうので控えましょう。

もしトスツイに対してリアクションしたい場合は、「いいね」もしくは「@tosをつけた引用リツイート」であれば、タイムラインに表示されることはないのでOKです。

この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次