Twitterの不具合が今日発生中!どんなエラー?4つの原因と対処法について

いつものようにTwitterを開いて自分のページのタイムラインを見たり、やりとりをしているだけでは、今どんな不具合が起きているのか分からないことがあります。

Twitterのマイページに不具合が生じて初めて気付くという方がほとんどです。意外と閉鎖的なんですね。

そこで、Twitterで今現在不具合が生じているのか?はたまた自分だけなのか?

簡単に確認できる方法があります。

それがこちらのダウンディテクターというサイトです。

目次

Twitterの不具合がシステム障害なのか、自分だけなのか、確認する方法

ダウンディテクター

過去24時間以内に発生したTwitterでの不具合のグラフが確認できるほか、どのサービスで今障害が生じているのか視覚的に見ることが出来ます。

Twitterユーザーがどんな不具合で悩んでいるのか?リアルタイムで知ることも可能です。

まずはこちらのサイトで確認してみましょう。

Twitterの通知が来ない?通知が消えない?何が原因なのか?

さっきまでやりとりしていたのに急に通知が来なくなったなぁ…。

確認したのに通知アイコンが消えてくれない!

なんて経験ありませんか?

通知に気付かず相手をスルーしていたり、通知アイコンが消えないのを諦めてそのままにして、逆に通知を見逃したりと、とても煩わしいですよね。

そもそもこうなる原因は何なのか?解決法は?確認していきましょう。

Twitterの通知が来ない?

原因→スマホ本体の通知設定がOFF。

いやいや通知設定なんてちゃんとやってるよ!と言われる方も多いと思いますが、何らかの弾みで通知がOFFになっていることがあります。

例えば、Twitterをログアウトしたり、アプリを再ダウンロードしただとか。実際に通知設定を確認してみて下さい。

Twitterの通知が消えない?

原因→Twitterのアップデート。

新しい機能や使いやすさを取り入れようと、頻繁に最新アップデートを行うTwitter。そのアップデートに伴う場合、特にiOS端末ユーザーに多いようです。

Twitterアプリの右上に表示される通知マークですが、何度確認しても消えてくれないと邪魔ですよね。

Twitter側のアップデートによる不具合だだから仕方ないと諦める前に、1度スマホの再起動を試してみて下さい。加えてTwitterの再ログインも効果的です。

それでも通知が消えないのであれば、Twitter側の対応を待ちましょう。

Twitterのフォローが勝手に外れる不具合の原因は何?

Twitter側の不具合に伴うバグ

Twitter側の不具合によってフォローが外れることがあります。

一時的なバグのことが多いですが、しばらく経っても改善されないのであれば、

Twitterのアップデートを待つしかありません。

ブロックされた

フォローが外れたのではなく、ブロックされたのでは?

そもそもTwitterは気軽にフォローし合って楽しめるSNSです。

気を悪くする必要もなく、自分に非がある訳でもありません。

無意識にもフォローを外していた

自分でも気付かないうちに誤ってフォローボタンを操作していることがあります。

フォローが外れたのではなく、自分から外した可能性も。確認してみましょう。

ハッキングされていた

これは可能性としては低いですが、ありえないことではありません。

アカウント管理はしっかりできていますか?

ちょっと調べれば個人情報も漏洩する時代です。自分の身は自分で守りましょう。

Twitterのタイムラインが更新されない・表示されない不具合の原因は何?

アプリの開きすぎ

Twitterの他にも、別のサイトやアプリを開きすぎていると、容量が重くなったり、通信速度が遅くなることがあります。

不必要なサイトやアプリを一旦閉じて、再度タイムラインを確認してみましよう。

ネットワーク環境が悪い

Twitterはネットに繋がっていないと利用できません。

利用する場所を変えたり、移動したりすると、ネットワーク接続が自動的に切り替わっている可能性があります。

ネット環境のご確認を。

Twitter側の不具合

やはりTwitter側の不具合の可能性も否めません。

ログインのやり直しや、アプリの再起動を試してもダメなら、Twitter側の対応を待ちましょう。

Twitterアプリが急に落ちる原因は何?

短時間のうちに多くのツイート

まるで弾丸トークかのように秒読みでツイートし過ぎると、落ちやすくなります。

処理に追われるTwitterがかわいそうなので、ツイートは適度な間隔を心掛けましょう。

ストレージの容量不足

ストレージの空き容量が少ないと、正常に起動しません。

容量を整理して管理しましょう。

アップデートの直後

Twitterアップデートの直後だと落ちやすいようです。

また、最新版にアップデートしていないと落ちることも。

適度にアップデートは確認しておきましょう。

Twitterのすべての不具合に共通!改善するためにまずやるべき対処法まとめ

手っ取り早く不具合を直したい!でも結局どうしたらいいの?

迷ったらとりあえずこの3つ対処法を試そう!

  • Twitterアプリの再起動/ログアウト
  • スマホ/PCの再起動
  • ネットワーク環境の再接続

まずはこの3つを試して下さい。

それでも改善しないのであれば、これまで紹介してきた各々の不具合に応じた対処法を確認してみて下さい。

Twitterの不具合の状況をお問い合わせから報告する方法と手順

Twitter公式サイトまたは自分のTwitterページからヘルプセンターを開きます。

この画面がヘルプセンターになります。

次に、『検索』で不具合の内容を入力します。

今回は例として、『Twitter  不具合』と入力し検索。

すると、このような検索結果画面が表示されます。

この検索結果や、よく寄せられる質問などにもに当てはまる不具合項目がない場合は、各項目したにスクロールすると出てくるこの画面からサポートにお問い合わせくださいをクリック。

例として、『ツイートとタイムライン』について問い合わせます。

『問題を報告する』をクリックすると、このような問い合わせフォームが表示されます。


ここから直接Twitterに不具合の状況を報告して、対処法の返答を待ちましょう。

まとめ

1.今起きている不具合がTwitter全体なのか、自分だけなのか確認する方法

→ダウンディテクター

2.Twitterの通知来ない・消えない時

→通知設定の見直し、アップデートの確認

3.Twitterのフォローが勝手に外れる時

→Twitter側のバグであればアップデートを待つ フォローを自分で外してしまってないか、ブロックされたのか確認

4.Twitterのタイムラインが更新されない・表示されない時

→不必要なアプリは一旦全部閉じる ネットワーク環境の確認

5.Twitterアプリが急に落ちる時

→ツイートの頻度見直し、ストレージ容量の確認

6.Twitterのすべての不具合に共通する3つの対処法

→・Twitterアプリの再起動/ログアウト

・スマホ/PCの再起動

・ネットワーク環境の再接続

7.Twitterの不具合の状況をお問い合わせから報告する時

→Twitter公式ページのヘルプセンターにて[/su_note]

Twitterの不具合についてお困りの際はぜひ参考にして下さい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる