Twitterが見れない開けない繋がらない!エラーの対処法まとめ(iPhone/Android)

女性

うそ?Twitterが開かない

お願い開いて…

画面自体が表示されない、ツイートができない、ログインできない…。

Twitterアプリをスマホで使用していると、たまにこういった現象が起こります。

今回はTwitterが見れない開けない・強制終了する原因や、エラーの対処法を紹介します。

7月1日追記

2022年7月1日午前5時からTwitterで障害が発生しております。

ツイートができない、といった不具合やエラーが多発しております。

追記

2022年6月28日、モバイルブラウザ版Twitterでエラーが多発しているようです。

https://mobile.twitter.com/

プードルやアイスの写真、お詫びのメッセージが表示されている人はTwitterの障害対応が完了するまでしばらく待ちましょう。

➡︎29日現在は復旧しています。

目次

なぜTwitter開けない?強制終了する原因(iPhone/Android)

Twitter開けない、繋がらないまたは強制終了する原因として、以下の7つが考えられます。

端末側の問題

  • インターネット環境が不安定
  • スマホのストレージ(容量)不足
  • バックグラウンドアプリの負荷が高い
  • 端末のOSが古い

Twitterアプリの問題

  • アプリのキャッシュが不具合を起こしている
  • アプリのバージョンが古い
  • 公式のサーバーダウン

Twitterのログインができない人はこちら↓

以下でそれぞれ紹介します。

インターネット環境が不安定

Twitterアプリはリアルタイムでツイートの投稿や閲覧をするものなので、インターネット環境が必須です。

WiFiやモバイルネットワーク(4G.5G)などのインターネット環境が不安定だとうまく読み込むことができません。

スマホのストレージ(容量)不足

iPhoneやAndroidのスマホには、端末のストレージ(容量)に上限があります。

例えばiPhone13のストレージだと、

  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB

の4種類があり、容量が大きいほど値段も高くなります。

AndroidはSDカードを挿入できますが、アプリの操作などは端末自体のストレージを使用します。

スマホのストレージ(容量)の空きに余裕がないと、アプリが正常に動作しないことがあります。

バックグラウンドアプリの負荷が高い

音楽再生アプリやゲームをしながらTwitterをみたりLINEを返したり…

一度にたくさんのアプリをバックグラウンド(裏)で開いていると、負荷がかかって処理が重くなります。

端末のOSが古い

Twitterアプリは、一部の古いOS(オペレーティングシステム)バージョンでサポートが終了しています。

●Twitter for AndroidアプリはAndroid OSバージョン7.93.4以降を搭載した端末で利用できます。

●Twitter for iOSアプリは、iOS 14.0以降を搭載した端末で利用できます。

ヘルプセンターより

古いOSに該当する場合は、Twitterをうまく開けない等の不具合が発生することがあるでしょう。

アプリのキャッシュが不具合を起こしている

Twitterアプリを数年利用すると、画像や動画などのキャッシュが溜まっていきます。

古いキャッシュは手動削除が必要ですが、そのままにしていると不具合の原因になることもあります。

アプリのバージョンが古い

Twitterアプリは日々不具合対応や新機能追加でアップデートされていきます。

毎回アップデートしなくてもTwitterを使うことはできますが、古いバージョンで放っておくと不具合の原因になることもあります。

公式のサーバーダウン

稀なケースですが、Twitterのサーバーに大きな負荷がかかりすぎている場合があります。

例えば、天空の城ラピュタ」に出てくる呪文の「バルス」は、テレビ放送と同時に多くの人が一斉にツイートします。

Twitterのサーバーは「バルス」の負荷には耐えていますが、「SMAP×SMAP」の生放送後にサーバーダウンしたことがあるようです。

サーバーダウンした場合には上の画像のように「技術的な問題が発生しています」と表示されます。

Twitterが開けない!強制終了する時の対処法(iPhone/Android)

Twitter開けない、繋がらないまたは強制終了する時の対処法として、以下の8つが考えられます。

端末側の問題

  • インターネット接続を確認する
  • スマホのストレージ(容量)を開ける
  • バックグラウンドアプリを終了/更新オフ
  • 端末のOSをアップデート

Twitterアプリの問題

  • アプリを再起動する
  • アプリのキャッシュを削除する
  • アプリを最新バージョンにアップデート
  • 復旧・改善をまつ

それぞれ紹介していきます。

インターネット接続を確認する

iPhone
Android

Twitterが開けない時の対処法として、まずはインターネット接続(WiFiまたはモバイルネットワーク)がオンになっているか、接続できているかを確認しましょう。

WiFiの設定方法は以下の記事を参考にしてください↓

スマホのストレージ(容量)を空ける

Twitterが開けない時の対処法として、iPhoneやAndroidの内部ストレージを空けてみましょう。

ストレージを確認する方法

iPhone

  1. 設定アプリを開く
  2. [一般]>[iPhoneストレージ]

Android

  1. 設定アプリを開く
  2. [ストレージ]>[内部共有ストレージ]

ストレージ(容量)を空けて余裕を持たせるには

  • 写真や動画をバックアップして削除
  • 不要なアプリの削除
  • アプリのキャッシュを削除

などが効果的です。

詳しくはこちらの記事でも解説しています↓

バックグラウンドアプリを終了/更新オフ

Twitterが開けない時の対処法として、不要なバックグラウンドアプリを終了させましょう。

iPhoneホームボタンがある場合

ホームボタンを二回連続で押すと、バックグラウンドで起動中のアプリが表示されます。

上にスライドすると終了できます。

iPhoneホームボタンがない場合

画面一番したから真ん中あたりまでスライドすると、バックグラウンドで起動中のアプリが表示されます。

上にスライドすると終了できます。

Androidの場合

機種によって異なりますが、Xperiaの場合は右下の「□」ボタンをタップすると、バックグラウンドで起動中のアプリが表示されます。

「×」ボタンで終了できます。

Android(Xperia)
Android(Xperia)

端末のOSをアップデート

Twitterが開けない時の対処法として、端末のOSが古い場合はアップデートしてみましょう。

OSをアップデートする方法

iPhone

  1. 設定アプリを開く
  2. [一般]>[ソフトウェアアップデート]

Android

  1. 設定アプリを開く
  2. [システム]>[システムアップデート]

アプリを再起動する

Twitterが開けない時の対処法として、アプリを再起動してみましょう。

iPhone別の再起動方法はこちら

Androidの再起動方法はこちら

アプリのキャッシュを削除する

Twitterが開けない時の対処法として、古いアプリキャッシュの削除をしてみましょう。

Twitterアプリだけでなく、インスタなどのキャッシュも削除してみてください。

アプリを最新バージョンにアップデート

Twitterが開けない時の対処法として、アプリを最新バージョンにアップデートしてみましょう。

Twitterアプリをアップデートする方法

iPhone

  1. App Storeを開く
  2. 「Twitter」で検索
  3. [更新]をタップ

Android

  1. Google Playを開く
  2. 「Twitter」で検索
  3. [更新]をタップ
  • [開く]と表示されている人は既に最新バージョンです。

復旧・改善を待つ

Twitterが開けない時の対処法として、Twitterの一時的な不具合やサーバーダウンの場合は待つしかありません。

2022年7月1日に発生した通信障害は、Twitter側の問題のため、この場合は復旧を待つ必要があります。

Twitterが大変なことに

他にも、Amazon、ドコモ、au、楽天、YouTubeなども不安定な状況になっている様子です。

1週間経っても改善しない場合は、サポートに問い合わせてみても良いでしょう。

この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 一昨日早朝からTwitterが繋がらない。
    ずっと「Something went wrong,but don't fret - give it another shot」と表示されるだけ。
    使った機種はP-01J。
    いきなり繋がらない状態で、故障したワケではない。

コメントする

目次