Twitterでこの会話をミュート設定したら相手にバレる?【巻き込みリプ対策】

ひよこ

自分のツイートがバズって、返信の通知が鳴り止まない…

巻き込みリプライされて通知が来るのを止めたい…

そんな時にTwitterの会話ミュートの設定が便利です!

今回は会話ミュートの方法や、巻き込みリプ対策について詳しく書いていきます。

目次

Twitterの巻き込みリプとは?

自分がリプライ(返信ツイート)をするとき、意図しない(リプライ内容に関係のない)相手を返信先に含めてしまうことを、巻き込みリプと言います。

実際の例を見てみます。

例えば、ヨシオさんがあるツイートをしたとしましょう。

そのツイートへハナコさんがリプライします。

さらにそのハナコさんのツイートにタローさんがリプライします。

リプライの内容がハナコさん宛ての内容であるにもかかわらず、ヨシオさんも返信先に含めてしまった場合、タローさんはヨシオさんを巻き込みリプライしたということになります。

返信先に含まれた相手には通知されてしまうため、自分と関係のない会話や、知らない人だったら大変迷惑になるので注意しましょう!

Twitterの巻き込みリプ対策!「この会話をミュート」の意味とは?

自分が巻き込みリプされた場合、自分宛てではない内容のリプライ通知も届いてしまいます。

↓ヨシオの通知画面

数件ならまだしも、バズって大量の通知がきてしまうとうっとうしくなりますよね…

そんな時に、防衛法として便利なのが「会話ミュート」の設定です。

「この会話をミュート」って何?

会話ミュートは、自分のツイートから始まった他の人たちによる特定の会話(ツイートへの返信)に対して、新しい通知が届かないようにすることができるものです。

会話ミュートをするとリプライが非表示になるわけではなく、タイムラインでは通常通りその会話を見ることができます。

つまりその会話に対してだけ通知オフにしたような状態になる、ということですね。

「この会話をミュート」したら第三者やリプライ相手にバレる?

「この会話をミュート」をしたら、相手に通知されて直接バレるということはありません

ただし、リプライしても返事が返って来ないな〜というところから「もしかして通知されていないのか?」と疑われた場合はバレる可能性はあるでしょう。

また、この会話をミュートににている機能である「この会話から退出」をした場合は、あなたへのメンションが通常の青からグレーの表示に変わるため、相手にバレる可能性があります。

会話ミュートの設定・解除方法

では実際の会話ミュートの設定・解除方法を確認していきましょう!

①ミュートしたい会話の元ツイートを表示する

②詳細アイコンをタップし「この会話をミュート」を選択

③確認画面が表示されるので「はい、ミュートします」を選択

④会話ミュートが完了しました

会話ミュートをしたけどやっぱり解除したい!という場合は以下の手順でできます。

①ミュートした会話の元ツイートを表示する

②詳細アイコンをタップし「この会話のミュートを解除」を選択

会話から退出することも可能

Twitterでは「会話をミュート」だけでなく「会話から退出」する機能があります。

会話から退出すると会話ミュートと同様に、新しいリプライ通知が来なくなったり、メンションされなくなります。

Twitterで「この会話をミュート」ができない・出てこない時の対処法

「この会話をミュートを設定したいけど、できない・出てこない場合は以下の対処法を試してみてください。

  • Twitterアプリ・ブラウザを再起動してみる
  • Twitterアプリを最新バージョンに更新する(アップデート)
  • 端末(スマホ・PC)を再起動してみる
  • Twitterのキャッシュを削除する

上記の対処法で解決しない場合は、Twitter側の一時的な不具合の可能性もあります。

Twitterヘルプセンターから問い合わせるか、修正対応を待ちましょう。

Twitterで巻き込みリプをしてしまった場合どうすればいい?対処法ある?

Twitterで巻き込みリプをしてしまった場合、申し訳ないことを伝えるために「巻き込んですいません」とリプするのもありですが、それではさらに相手の通知が増えてしまうので、うっとうしく思われるかもしれません。

巻き込みリプをしてしまった場合

やばい!巻き込んじゃった!という場合は、とりあえずその巻き込みリプを削除するのが良いでしょう。

一度は相手に通知されてしまっていますが、これ以上迷惑な通知を増やさないのがベストです。

巻き込みリプしないためには?リプライ時に返信先を確認しよう

巻き込みリプを防止するためのも、リプライ時の注意点を確認しておきましょう。

普通にリプライしようとすると、3人のユーザーが返信先に表示されたとします。

リプライの内容がそのうちの一人宛てである場合、残りの人を返信先から外すようにしましょう。

返信先に表示されているユーザーネームのチェックを外すと、返信先の変更ができます。

リプライする時は、返信先が適切かどうかをチェックするよう注意しましょう!

自分が巻き込みリプに巻き込まれた場合の対処法

自分が巻き込みリプに巻き込まれた時は、「会話ミュート」や「会話から退出」をすることで通知を消すことができます。

でも複数のツイートで巻き込みリプされている場合、1つ1つの会話に設定するのは面倒ですよね。

それにフォローしている人であれば、関係のない話でも通知は受け取りたいなど、様々な場合があると思います。

そんな時は通知を相手別に設定できる「詳細フィルター」の設定をしてみましょう!

詳細フィルターの設定方法

①ホームからメニューを開き、「設定とプライバシー」を選択

②設定とプライバシーから「通知」を選択

③通知から「詳細フィルター」を選択

④ここで通知が来てほしくないものをOFFに設定する

巻き込みリプは誰にでも起こりうる!

今回は巻き込みリプって何?というところから、巻き込んだ/巻き込まれた時の対処法、自分が巻き込まれたらどうすれば良いかについて書いていきました。

自分が巻き込みリプされた場合は、会話ミュートや会話から退出、詳細フィルターの設定で通知をコントロールしましょう!

また巻き込みリプ防止として、リプライ時には返信先を確認・変更するようを注意しておくと良いでしょう。

リプライに関してはこちらも♪

この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次