Youtube再生中”問題が発生しました”今すぐ治せる対処法まとめ(スマホの場合)

YouTube動画を再生中に「問題が発生しました やり直すにはタップしてください」というエラーメッセージが出た場合は、まずは動画を読み込み直し(更新)てみてください

ひよこ
再生中の動画を×で閉じて、もう一度開いてみてね

それでも解決しない場合は、以下に解説する方法でキャッシュ削除や再起動、アプリの最新化を試してみてください。

目次

ブラウザのキャッシュを削除する

キャッシュとは一度見たサイトのログイン情報やデータのことで、不具合がある場合はキャッシュを削除すると解消することがあります

キャッシュ削除をすると、そのサイトを初めて訪れた時と同じ状態になるので「再ログイン」などが必要になりますが、利用するにあたって問題はありません。

スマホでのブラウザキャッシュ削除

Android(Chrome)の場合

設定アプリを開き、「詳細設定」> 「プライバシー」 「閲覧履歴データを消去する」 を選択します。

データを消去する期間を選んだら、「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れて「データを消去」 で実行してください。

iPhone(safari)の場合

設定アプリから 「Safari」 を選択します。

一番下にスクロールして、「詳細」> 「Webサイトデータ」を選択します。

読み込みが完了して表示されたら「全Webサイトデータを削除」または特定のサイトを選択し「削除」で実行してください。

PCでのブラウザキャッシュ削除

ブラウザ画面右上の「…」メニューから「その他のツール」→「閲覧履歴を削除」を選択します。

期間を選択し、Cookieと他のサイトデータ、キャッシュされた画像とファイルにチェックを入れて「データを削除」ボタンで実行すれば完了です。

 

スマホのキャッシュを削除する

ブラウザ同様、アプリも使い続けるとキャッシュがどんどんたまっていきます。

スマホの空き容量を圧迫するだけでなく、不具合の原因になっていることもあるので、定期的にアプリのキャッシュも削除するのがおすすめです。

YouTubeアプリのキャッシュも削除してみましょう。

iPhone、iPadの場合

iPhoneやiPadのYouTubeアプリでキャッシュを削除する場合は、面倒ですが一度アプリをアンインストールする必要があります

アプリをアンインストールしても、ログイン情報があれば作成したプレイリストや登録したチャンネルの情報を損なうことなく同じように使用できる状態になるので安心してください。

方法はホームからYouTubeアプリのアイコンを長押しで「Appを削除(ー)」を選択してください。

アンインストールできたら、App Storeから再度インストールして、ログインしてみてください。

Androidの場合

※Androidは端末によって手順が異なる場合があります。

スマホの「設定」から「アプリ」を選択し、アプリの一覧から「YouTube」を選びます。

選択したアプリの詳細が表示されるので「ストレージ」から、「キャッシュの削除」を選択すれば完了です。

YouTubeアプリを消してもう一度起動する

面倒ですが、一度アプリをアンインストールして再起動することで解決することがあります。

アプリをアンインストールするとキャッシュが削除されますが再度ログインすれば、作成したプレイリストや登録したチャンネルの情報を損なうことなく同じように使用できる状態になるので安心してください。

方法はホームからYouTubeアプリのアイコンを長押しで「Appを削除(ー)」を選択してください。(iPhoneの例)

アンインストール後は、iPhoneの「AppStore」やAndroidの「Google Play」などから再度インストールして、試してみてください。

YouTubeアプリを最新の状態に更新する

古いバージョンのアプリを使用していると、それだけで様々な不具合を生む可能性があります。

iPhoneのAppStoreやAndroidのGoogle Playで「YouTube」と検索し、お使いのアプリが最新バージョンかどうかを確認してみてください

バージョンは数字が大きいほど最新のものになります。

「アップデート」や「更新」のボタンがある場合は、最新バージョンではないということなので、ボタンを押してアプリを最新バージョンに更新しましょう。

YouTubeをアプリではなくブラウザから再生してみる。

YouTubeアプリで一時的に不具合が起きている場合や、アプリをアップデートしても解決しない場合は、safariやchromeなどのwebブラウザでYouTubeを見てみてください

ブラウザで見る方法はこちらのURL(https://www.youtube.com/)にアクセスして、「アプリで開く」などのポップアップが出ても「開く」ボタンをタップしないようにしてそのまま表示します。

iPhoneのsafariで見るとこんな感じで表示されました。

スマホ本体を再起動する

不明な不具合が起こった場合は、端末の再起動であっさり解決することもあります。

一度スマホ本体を再起動してみてください

Android端末では、電源ボタンの長押しから再起動を選択して再起動できます。

iPhoneの場合はiOSのバージョンによって異なります。

  • iOS11以前:電源を切って再度入れなおす
  • iOS11以降:「設定」>「一般」から「システム終了」を選択し、電源を入れる

スマホのバージョンを最新状態にする

パソコンやスマホ、ゲーム機などYouTubeを見る機器本体のバージョンが古い場合も、不具合が発生する可能性があります。

古いOSを使用しているとYouTubeだけでなく、スマホ本体のセキュリティなどにもよくないので、基本的には最新バージョンに更新しておくことをおすすめします

 Androidの場合

お使いの端末により確認方法は異なるので、「端末名 バージョン確認方法」で検索してみてください。

設定アプリ等から「端末情報」「バージョン情報」などを選択して確認します。

「システムアップデート」などの項目から最新にアップデートしてください。

iPhoneの場合

「設定」から「一般」を選択し、「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

アップデート時は充電器に接続している必要があるので、注意してください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる