インスタで相手に制限(ミュート)されているか今すぐ確認する方法!されたらどうなる?

女性

ん?なんかDM全然返ってこないし既読もつかない…

女性

もしかして制限されてる?!

インスタではブロックでもミュートでもない、「制限する」という機能があります。

制限されると本人に通知されることはないものの、DMが返ってこない、コメントの返信がないなど、うっすらと気が付くかもしれません。

今回は、インスタで相手に制限されているか確認する方法や、ブロック・ミュートとの違い、制限される理由について紹介します。

目次

インスタで制限されたらどうなる?

「制限する」とは、誹謗中傷や迷惑コメント対策として導入された機能で、特定の人のコメントを非表示(承認も可)にしたり、DMが直接届かないようにすることができます。

インスタで相手に制限されると、相手の投稿へのコメントとDMの通知に影響があります。

以下でそれぞれ詳しく解説します。

相手の投稿にコメントしても非表示にされる

インスタで相手に制限されると、相手の投稿にあなたがしたコメントは非表示になります。

相手だけでなく第三者にも表示されません。

ただし相手の画面には「制限されたコメント」と表示され、コメントが来ていること自体は伝わります。

相手が[承認する]をタップすれば、通常通りコメントが表示されます。

相手にDMを送っても通知がいかず、メッセージリクエストに入る

インスタで相手に制限されると、DMを送っても相手に通知がいかず、メッセージリクエストに入ります

メッセージリクエストに入ると、相手は未読のままあなたのDMメッセージを見ることができます。

相手が承認しなければ既読はつかず、返信もかえってきません。

相手のオンライン状況が見れなくなる

インスタで相手に制限されると、相手のオンライン状況の緑の丸(アクティビティステータス)が見れなくなります

インスタではDMをした相手のオンライン状況を知れる機能があり、初期設定でオンになっています。

もともとアクティビティを公開していた人が急にアクティビティが表示されなくなると、機能をオフにしたか、相手に制限された可能性があ流と言えます。

インスタのブロック・ミュート・制限の違いは?

インスタでは「制限する」機能だけでなく、「ブロック」や「ミュート」機能もあります。

ここでは自分が誰かをブロック・ミュート・制限したときにどうなるのか違いをまとめてみました。

簡単にいうと、

  • ブロック:ほぼ関わりを経ちたい人
  • ミュート:投稿やストーリーが目ざわり、見たくない人
  • 制限:DMやコメントをしてほしくない人

に使うことが多いでしょう。

項目ブロックミュート制限
対象全アカウントフォローしているアカウントのみ全アカウント
投稿非表示あなたの投稿:相手に表示される
相手の投稿:あなたのタイムラインに表示されない
表示
コメントしても第三者には表示されない
(投稿者が承認すれば表示される)
ストーリー非表示あなたの投稿:相手に表示される
相手の投稿:あなたのタイムラインに表示されない
表示
フォロー強制解除できるできる
DMできないできるできるがリクエストに入り、通知もない
オンラインバレないDMのミュートをすればバレないバレない
相手にバレる確率90%30%30%

インスタで相手に制限されてるか確認する方法

インスタで相手に制限されているか確認する簡単な方法はありません。

しかし条件さえ揃えば、試せる方法もあるので3つ紹介します。

サブ垢から相手の投稿のコメントを見る

前提条件
  • サブ垢がある(もしくは作れる)こと
  • 相手の投稿にコメントしたことがある
  • 相手が公開アカウントである(もしくは鍵垢でもサブ垢でフォローしあっている)

上記の前提条件が揃っている人は、以下の方法を試してみてください。

STEP
サブ垢にログインする

STEP
相手の投稿にした自分のコメントを見る

STEP
コメントが表示されていれば「制限」されていない!

DMして返信があるかどうか

前提条件
  • 相手がよくインスタを見る人であること
  • 相手がDMをすぐ返してくれるタイプの人であること

上記の前提条件が揃っている人は、以下の方法を試してみてください。

STEP
制限されているかもしれない相手にDMを送る

STEP
DMが返ってくれば「制限」されてる可能性は低い!

STEP
数日経ってもDMが返ってこなければ「制限」されている可能性あり!

相手のアクティビティステータスを見る

前提条件
  • 相手がよくインスタを見る人であること
  • 相手とDMしたことがあること
  • 相手がオンライン状況(アクティビティステータス)をオンにしていること

上記の前提条件が揃っている人は、以下の方法を試してみてください。

STEP
相手がインスタを見ていそうな時間にDM一覧から複数回アクティビティを確認する

STEP
アクティビティステータスがオンになることがあれば「制限」されていない!

STEP
インスタを見ているはずなのにアクティビティステータスがオンにならない場合は、オンライン状況を非公開にしたか、「制限」されたかのどちらか!

インスタで相手を制限する理由!なぜ制限されたの?悲しい…

ひよこ

はぁ…制限されたのか

落ち込むなぁ

何がいけなかったんだろう?

制限は相手が手動で解除してくれないと、解除されません。

制限されてるかも…とわかったら、なぜ制限されたのか?が気になりますよね。

考えられる理由をいくつか紹介します。

DMを未読で読みたいだけ

「制限する」機能はDMを未読で読む方法としても有名です。

相手を制限すると、DMがリクエストボックスに入り、既読をつけずに内容を読むことができます。

相手は未読でDMを読むために、一時的に制限した可能性があります。

あなたのコメントやDMを見たくない・見られたくない

「制限する」機能の主たる役割として、投稿へのコメントとDMの非表示があります。

あなたからのコメントを見ることも、第三者にそのコメントを見られることも嫌である可能性があります。

また、あなたがなんの問題もないコメントをしているにもか変わらず制限された場合は、相手がなんらかの事情で誰かにあなたのコメントを見られるとまずいのかもしれません。

ミュートと間違えて使っている

インスタには主にブロック、ミュート、制限するの3機能がありますが、たまに制限する=ミュートと思っている人もいます

違いはこちら→インスタのブロック・ミュート・制限の違いは?

あなたのタイムラインやストーリーをミュートで非表示にしようと思ったけど、間違えて制限した可能性も考えられます。

こちらもおすすめ♪

この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次