LINEブロックを解除する占い師とは..?[詳細ページへ]

LINEで動画が5分以内なのに送れない?エラー原因と対処法まとめ[iPhone/Android]

日頃からスマホで動画を撮影し、友達や家族と共有している方も多いのではないでしょうか?

その際、とても便利なアプリがLINEですよね!

しかし、何らかのエラーが発生し、動画を送信できない・5分以内の動画なのに送れないことがあります。

その原因と対処法を調べた結果をまとめましたので、最後までご覧いただけましたら幸いです!

目次

LINEで送信できる動画とは

女性

送信できる動画に決まりはあるのかな?

LINEアプリでは、カメラロールに保存した動画、またLINEアプリ内で撮影した動画をトークで送ることができます。

個別のLINEだけでなく、グループLINEでも共有でき、とても便利ですよね。

しかし、全ての動画を送信できるという訳ではありません。次のような決まりがあります。

動画の長さは5分まで

LINEアプリで送信できる動画の長さは5分までです。

5分1秒以上の動画を送ろうとすると、自動的に5分1秒以降の部分がカットされます。

そのため、受信した側は途中までの動画しか見ることができません。

許容サイズ(容量)は決まっていない

LINEアプリで送信できる動画の容量に制限はありません

送信する側が容量の上限を意識する必要はなく、一定の容量を超える場合は自動的に圧縮されます。

圧縮された場合は解像度が下がり画質が落ちますが、動画は問題なく送ることができます。

保存期間を過ぎると再生・保存できないので注意

LINEアプリで送ってもらった動画は、一定期間が過ぎると「保存期間が終了したため動画を読み込むことができません。」と表示され保存できなくなるので注意が必要です。

保存期間については明らかにされておらず、2週間という説もありますが、それ以上過ぎても読み込める場合もあるようです。

また、Keepに保存しておくことで、保存期間を過ぎても動画を再生することができます。

【5分以内なのに…】LINEで動画が送れない!エラーの原因と対処法

女性

動画が送れない・・・どうしてかな?

LINEアプリで動画を送ろうとしても、次のようなエラーが発生することもあるようです。

  • 画面が固まる
  • 画面の半分が黒くなる
  • 動画は送信できるが遅い
  • 不明なエラーが発生する

5分以内の動画なのに送れないのはなぜ・・・?と感じたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここからは、エラーの原因とそれぞれの対処法を5つ紹介します。

原因1:通信環境が悪い(wifi/モバイルネットワーク)

LINEで動画が送れない原因の一つとして、通信環境の影響が考えられます。

送信エラーになる、また、いつまでも送信が完了しない場合、通信環境が影響している可能性が高いです。

対処法

通信環境が悪いと感じたら、Wi-Fiやモバイルデータ通信にきちんと接続できているか確認しましょう。

接続できていない場合は、場所を変えたり、機内モードをオン・オフにし通信をリフレッシュしてみましょう。

原因2:写真へのアクセスを許可していない

LINEアプリで動画を送信するには、端末の「写真」へのアクセスを許可する必要があります。

プライバシーの観点から、アプリによる写真や動画へのアクセス権限を許可していない可能性がありますので、以下の方法で確認してみましょう。

対処法

★iPhone

①[設定]を開き、[LINE]を選択します。

②[写真]をタップし、[すべての写真]を選択したら完了です。

★Android

①[設定]を開き、[アプリ]または[アプリと通知]の項目から[LINE]を選択します。

②[権限]または[アクセス権]から[ファイルとメディア][写真][ストレージ]などの項目を選択し、アクセス権を許可したら完了です。

原因3:動画のファイル形式が対応していない

LINEは、mp4・mov・avi・wmvなどのファイル形式に対応しています。

他のファイル形式では送信できない可能性があり、送信できたとしても再生できない恐れもあります。

特にパソコン版LINEからスマホへ送信する際には注意が必要です。

対処法

パソコン、スマホで確実に再生できるmp4に変換し、送信することをおすすめします。

「avi」はWindows、「mov」はMacで標準動画ファイルとなっていますが、スマホで再生する際は別の再生アプリが必要になる場合もあります。

原因4:スローで撮影した動画を送信している

画面の半分以上が黒くなってしまうというエラーが発生した場合、スロー動画を送信していることが原因の可能性があります。

スマホのスロー機能を利用して撮影した動画を送信し、問題なく再生できても、送信時にエラーとなることがあるようです。

対処法

スロー動画以外を送信してみてください。

通常の録画機能などで撮影した動画が送信できれば、スロー動画を送信したことが原因だとわかるはずです。

LINEでスロー動画を送信したい場合には、スマホのカメラロールから動画をタップし、左下のシェアボタンから共有すると正常に送信できます。

原因5:不明なエラーが発生し送信できない

LINEアプリそのものや、スマホ端末が原因の可能性もあります。

LINEアプリのバージョンが古いことが原因の場合もありますので、以下の対処法を試してみてください。

LINEも以下の方法を推奨しています。

対処法

  • 起動中のアプリを全て終了する
  • 端末を再起動する
  • LINEアプリを最新版にアップデートする
  • iOSやAndroid OSを最新版にアップデートする
  • 端末内の不要なアプリやデータを削除する

カレにLINEブロックされて悩んでいるあなたへ

この記事をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次